小さな接骨院でも先生の腕が良ければ長続きする

接骨院とは柔道整復師法という法律で規定されていて、国家資格の柔整師取得者が施術を行う施設のことをいいます。原因のハッキリした急性のケガを治療する目的であれば、医療保険が適用になります。一方、肩こり・慢性的な痛み・マッサージなどは保険の適用外になり、全額自己負担になります。私は中学生の頃、よく捻挫をしていたのですが、外科の病院ではなく自宅の近所にあった接骨院に治療に通っていました。私がその接骨院に初めて行ったのは、保育園児の時でした。友達と遊んでいて、ヒジの骨がはずれてしまったのです。保育園の先生に連れて行かれたのが、その接骨院でした。その時のことを私はとても覚えていて、捻挫した時にもその接骨院へ行ったのでした。治療は最初は骨の位置を元に戻して、あとは電気で温めたりマッサージをしてもらいました。そのマッサージがとても気持ち良かったので、私は接骨院に行くのが楽しみでした。また、先生の手作りの湿布がとてもよく効いたのを覚えています。近所の人しか知らないような小さな接骨院ですが、20年以上経った今でもやっているところをみると、先生の腕はいいようです。

シマックス

浮気調査 メール 履歴

エイジングケア 美容液 通販

当日配達

海外留学するならアメリカがお勧めです!

ページ一覧

  • TOP
  • 体の調子が悪い時に、接骨院の利用について
  • 気軽に通えて効果も抜群の接骨院
  • 子供のころに行った接骨院
  • 接骨院についての色々